自転車保険義務化で誰がトク?安い値段で入れば家族子供は安心!?

自転車保険 義務化 値段 安い オススメ コンビニ  保険

スポンサードリンク

自転車保険の義務化でどの保険にするか悩んでいませんか?

そんなあなたに、カンタンに安い値段で加入できるお得な自転車保険を紹介します。

これで、家族も子供も一安心。

そして、あなた以外にも自転車保険の義務化の急加速で笑いが止まらない人達も紹介します。

自転車保険義務化で誰がトク?

自転車保険義務化でトクをする人たちが出てきます。

もちろん、自転車保険に加入してトラブル時にトクをするのはあなたの家族と子供です。

しかし、それ以外にもっとトクをする人達もいます。

それは、自転車保険を販売している保険会社です。

保険会社が自転車保険の義務化を広めたい理由が何だか分かりますか?

自転車によるトラブルをなくしていきたいからじゃないの?

いえいえ、違います。保険会社はボランティアではありません。

保険会社はお金を儲けたいんです。

自転車保険義務化の背景にお礼金?

スポンサードリンク

保険会社は2000年代半ばまで、車の保険でお金を稼ぐことができました。

しかし、2000年代半ば以降から若者の車離れで車の保険に入る人が減少。

そのため、保険会社はお金を稼ぐチャンスを徐々に失っていきました。

そこで、保険会社が目をつけたのが自転車保険。

自転車保険は1990年代にも存在してた商品です。

残念なことに自転車保険に入る人はごくわずか。一部の自転車マニアくらい。

ただし、自転車保険の重要性を一般市民に知らせる2つのトラブルが発生。

  • 2017年の横浜の女子大生自転車トラブル。
  • 2018年愛知の中学生自転車トラブル。

マスコミにより2つのトラブルで自転車保険が大注目。

結果、一般市民に自転車保険加入の重要性の認識が広まっていきました。

と言っても、2018年の時点で60%

残りの40%は自転車保険に入っていない状態です。

この40%の人の多くは………

自転車保険に入らなくても大丈夫だよ!自分はああならないからね!

とういう保険会社の調査により明らかになりました。

どうやって40%の自転車未保険者を加入させるの?

全国の地方自治体が自転車保険を強制的に義務化をすれば、イヤでも加入しますよ(笑)

なるほど!でも、地方自治体が自転車保険の義務化はどうやったら動くの?

義務化に動く自治体にお礼金をあげればいいんですよ。表ざたにしませんが。。。どの業界もやっていることでしょ(ニヤリ)

 

自転車保険義務化の背景に、地方自治体と保険業界の密接な関係があると考えてもいいのです。

将来的に自転車を乗るのに免許も必要になってくるかもしれません。

そうすると、警察の天下りなども関係してくる可能性も否めません。

自転車保険は安い値段で入れば家族子供も安心

あなたが自転車保険の義務化がない地域に住んでいたとしても、加入することをオススメします。

もし、あなたの家族・子供が自転車トラブルで加害者になった場合…..

多額の損害賠償金を請求されることが予想されます。

もし、自転車保険に加入していなければあなたの人生お先真っ暗。

自転車保険、車と同じで高くてめんどくさくない?

安心して下さい!安い値段でカンタンに加入できる自転車保険がありますよ!

自転車保険は車の保険と違い、コンビニの手続きだけでかんたんに加入することができます。

自転車保険はコンビニで楽々かんたん

画像から見ても分かるように値段が安いのが分かると思います。

これは、セブンイレブンの自転車保険に加入をした時のものです。

カンタンに費用を紹介します。

担当保険会社三井住友海上
年間3990円
一か月約333円
一日約11円

>詳しい保険の詳細はコチラ

いかがでしょうか?

年間約3990円。

3990÷12ヶ月=約333円。

333円÷31日=1日約11円。

金額も車の保険に比べて格安です。

しかも、トラブル時の補償内容も充実。

義務化がされていなくても、自転車保険の加入をオススメします。

以上、「自転車保険義務化で誰がトク?安い値段で入れば家族子供は安心!?」でした。

スポンサードリンク