大田まつり2018年山車は超混雑!マル秘駐車場と休憩場所を紹介!

祭り

2018年10月東海市で開催される秋祭りと言えば、大田まつり。

大田まつりの見どころは何と言っても迫力満点の山車!ダ・シ

山車を見たくても秋祭りの会場は大混雑。

子供を連れた家族には少しストレスフルですよね。

そんな、子供を連れた家族でも快適に過ごせる情報を紹介していきます。

大田まつり2018の山車は超混雑!?

 

2018年10月6日、7日に開催される東海市大田まつり。

大田まつりの山車目的で知多半島から多くの人で超混雑。

子供連れのお父さん・お母さんは間違いなくクタクタになるでしょう。

しかし、超混雑の状況を避ける方法があるんです。

大田まつりの山車を見る方法

超混雑を避けて大田まつりの山車を見る方法は一つ。

2018年10月7日(日曜日)午前、大宮神社で山車を見ることをオススメします。

簡単にオススメポイントの理由を説明します。

ラスパ太田川

大宮神社は名鉄太田川駅から歩いて約10分。

多くの見物人は大宮神社まで移動したくない。

大宮神社で開催されるのは10月7日の午前のみ。

名鉄太田川駅から大宮神社まで子供を連れても約10分で歩いていけます。

よっぽど体力がない限り、クタクタになることはないと思います。

大田まつり 大宮神社 2018 10月 混雑 駐車場 穴場 時間 日程

東海市大田まつり2018日程と詳細

もしかしたら、あなたは当日、超混雑を避けて大宮神宮へ行かないかもしれません。

そこで、東海市大田まつり2018が開催される全日程と詳細を紹介しておきます。

日程時間場所内容
10月6日(土)13:30~16:10どんでん広場

からくり人形

大協奏

おはやし

10月7日(日)9:15~12:00大宮神社

からくり人形

四協どんでん

もち投げ

10月7日(日)13:00~14:30どんでん広場奥内容未定
10月7日(日)16:35~20:15どんでん広場

四協どんでん

提灯祭り

 

大田まつり穴場駐車場でイライラ解消

本音を言えば、車よりも電車で大田まつりへ行くのがおススメです。

しかし、子供を連れている場合、電車より車のほうが便利ですよね。

そこで、大田まつりでは駐車場を探すハメになります。

そこで、穴場駐車場を紹介します。

下記の画像をご覧ください。

画像の赤く囲んだ場所が穴場駐車場です。

大田まつり 穴場 駐車場 混雑 2018 10月 山車 混雑 屋台 日時 日程 時間

ラスパ太田川の駐車場は550台まで収容

入庫から90分まで無料。それ以降は30分毎に100円。

どんでん広場と直結。

ラスパ太田川駅周辺には名鉄が経営している有料駐車場がたくさんあります。

しかし、ラスパ太田川と違い、場所によって入庫から30分毎に100~200円料金がかかります。

究極、日本福祉大学の裏の畑の脇に停める方法もあります。

ただし、自己責任でお願い致します。このサイトでは一切責任は負いかねます。

大田まつりの屋台は急な雨でも安心?

 

東海市大田まつり2018では多くの屋台が出店されます。

大人も子供も大喜び間違いなし。

ただし、急な雨が心配ですよね。安心して下さい。

屋台が出店されている場所は名鉄太田川駅のすぐ目の前です。

太田川駅の連結部部は屋根があり、テラス席が設置してあります。

また、ラスパ太田川1F2Fには休憩する場所とトイレもあるので問題なしです。

子供がグズッてもあなたがクタクタになっても快適に過ごせます。

大田まつりの由来

大田まつりのはじまりは大宮神社の無病息災・豊作を祈ったのが由来です。

大田まつりの山車の3大内容

お祭りの日は東海市有形民俗文化財に指定された黒組・荒古組・黒口組・市場組の4台の山車が激しく動き回ります。

大田まつりの山車の3大内容をお見逃しなく!

大田まつりの山車の3大内容

  1. 4台の山車がからくり人形を披露
  2. 激しく動き回る山車の美しさを競う「どんでん」
  3. 4台の山車が一斉に回る「4協どんでん大協演」

まとめ

2018年10月東海市で開催される大田まつりは超混雑が予想されます。

超混雑をさけるためにも記事で紹介した10月7日午前に大宮神社で山車を見ることをオススメします。

この記事では穴場駐車場を紹介しました。しかし、超混雑と渋滞などを避ける最高の方法は公共交通機関(電車・バス)で行くことです。

もし、あなたの子供が小学生なら公共交通機関をオススメします。

では、大田まつり2018年10月に行われる迫力満点の山車を堪能して下さい。